FC2ブログ
2006 . 03 « 123456789101112131415161718192021222324252627282930» 2006 . 05
*author ヒロ(キャラの名前は今のトコは内緒(  ̄ノ∇ ̄) ̄ー ̄)*
★トップページはこちら。★(リンクはこちらにお願いします。)
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* スポンサー広告 * page top↑
ツールやニュース
2006 / 04 / 14 ( Fri ) 22:30:27
ヴァナ・ディールライフではありません。

昨今新聞の記事でもRMTで記事に載る事も多くなってきました。
新しい時代にどんどん進み、法的措置や整備が追いつかない現状では
この問題は野放しの無法状態になっていると思われます。
ゲームメーカーでは規約として載せているものの、それが抑止にはならずマイナーな存在であったRMTという商法はここ数年で顕著に現れてきてると思います。
元々FFに限ってもそういうのはありませんでした。
ジラート以降、PCサービス展開が始まって一気に「中華」と呼ばれる業者が参入し、このような現状になったと思います。
PCサービス以前はオンラインゲームはPCだけの世界であったので、元々コンシューマー専用オンラインであったFF11には参入が遅かったと聞きます。
なので海外ではRMTは普通の存在だったりします。
日本でもやっと、この問題が目立ってきたのか法制に動く気配が出てきました。またキャラというのは「財産」として認めるべきか?等、意見も活発になってきてます。

同じように「ツール」問題があります。
これは外部プログラムを導入し、優位な形に改ざん出来るシロモノなのですが、私はPS2なのでよく判りません。
これもPC導入で騒がれる様になった問題です。
今回一番残念だったのは、雑誌にも載る程の有名プレイヤーが「ツール」使いであった事が判明した事です。
それが全てでは無いと判っていますが、私は「やはりそうであったか」と思いました。
PCユーザーはほとんど導入しているのでは?と思います。
今回は、結構な騒ぎになっている様で■eはどんな対応取るのか個人的に注目してます。
ただ、過去も他にこういう事があったらしいのですが、お咎めは無かったらしいです。
メーカーもそこまでいちいち、確認や証拠等取れる訳もなく無理だと思いますし、結局は個人のモラルにかかってくる訳です。

今回の件で本人の謝罪文を読ませて頂きましたが、正直論点がずれている反省文に思えました。
根本的な部分での謝罪が無いと思われます。
ここでは、どこそこのサイトとは明記致しません。
のんびり遊んでいる私には関係ない世界ですし、ツールやRMTには興味無いのですが、メーカーはこれからもっと、こういう問題に厳正に対処しないといけない時代に入ったのではないでしょうか。
法整備もあるので、メーカー単独でどうこう出来ないのは理解してますが、ここまで人気あるソフトメーカーになったのですから、その責任として何らかの指針、方向性を実行する立場ではあると思います。

皆さんはこの問題、どう思いますか?。
スポンサーサイト

テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

* ヴァナ・ディールライフ以外の事 * trackback(0) * comment(2) * page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。