2017 . 10 « 123456789101112131415161718192021222324252627282930» 2017 . 12
*author ヒロ(キャラの名前は今のトコは内緒(  ̄ノ∇ ̄) ̄ー ̄)*
★トップページはこちら。★(リンクはこちらにお願いします。)
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* スポンサー広告 * page top↑
プレイ前の状況3
2011 / 02 / 02 ( Wed ) 23:39:51
会社でインターネットに初めて触れた時、すごい可能性を感じました。
ってこれまだ続けて書くのかと、今自分でそう思いました(^_^;)
昨年11月以来ですねぇ・・。

少し話し変わりますが、その頃にはすでに携帯電話を持っていました。
当時としてはかなり早い方だと思います、持ったのは(95年頃)。
しかも最初は何とPHS!、そうピッチですよ、私の初携帯。
何故こんなに早く持っていたかというと、「家族に何かあったときの為に」の非常連絡用目的でした。
ところが当時は実家からかなり怒られました・・・。

「おまえは貧乏だと言ってるクセにそんなもの買って!」
「新しモノ好きなだけだろ!」
等散々でした(-_-;)
私はマジに当時は、ずっと遠い田舎にいる家族が心配で、純粋にそれだけの意味で買ったんですけどね・・。
まぁそんな事はいいや・・・単に基本料が携帯と比べて激安だからPHSにしたんですよね。
ところが!・・・あまりに電波条件が悪かった・・・。
なので一年足らずで携帯に切替、最初のメーカーは今や懐かしデジタルツーカーでした(笑)。
まだメール機能も無い時代だったんですよ?(もしくは文字数制限有)。

そんな時代背景のときに、このインターネットで衝撃を受けたのは「Eメール」でした。
手紙がデータでやり取り出来る・・・当時の私にはすっごい衝撃でした。
ずっと幼馴染の友達がいるのですが、それまでずっと手紙で文通に近い感じでやり取りしてたんです。
それがネット・・・Eメールの登場で手紙を書かなくなりました。
私にとっての初メール・・・会社以外での純粋な私用メールの初やりとりしたのはそれから少し後。
その頃とあるゲーム雑誌で新ハード発売されるという情報をキャッチ。
それが「ドリームキャスト」・・ドリキャスの登場でした。
標準装備でインターネット機能搭載ゲーム機は世界初!のキャッチで掲載されてました。

これにはマジ胸が躍りましたね!、ほんとに(笑)
発売日決まると、すぐ予約しました!。
セガハードでこれだけ楽しみにしたゲーム機は、最初で最後、ドリキャスでしたね。
まさかこのハードがセガ最後のハードになろうとは知る由も無かった・・・。
それから待ちに待って、1998年11月。
ついにドリキャスを購入する私がいたのでした。

まだまだ続きます?
スポンサーサイト

テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

* FF11メモリー * trackback(0) * comment(0) * page top↑
プレイ前の状況2
2010 / 11 / 11 ( Thu ) 22:12:59
イントラネット形式でのシステム導入され、仕事も旧来の「手動」とコンピューターとの仕事の併用をして、しばらく業務をこなす日々が始まる。
というのも、不安が大きすぎて信用が無いからだけど、「同じ仕事を手法を変えただけ」の仕事を二重でこなさなければならず、熾烈を極める日々が続くのです。
毎日毎日・・・メイン私で行うのだけど、もーどーにも時間が全く足りない!、足りる訳がない!!。
毎日深夜0時すぎまで仕事して、翌朝8時には出勤してるって・・・。
この時、「仕事で倒れる」を経験し長期入院するハメになるのだけど、これはまた別の話で・・。
ある程度、「手動」を切り離す事もするのだけど、やはりコンピューターの仕事にも問題は多々ある。
開発側と、会社側の「認識のズレ」が余りにも大きすぎたのが要因である。

クライアントの言い分を何故出来ないのか?

客である私達会社の立場だとこう言わざるを得ない。
ただ開発側も大変だったのだ。

・当時のスペックには多きすぎた仕事だったという事。
・こなすにはもっと予算が必要な事。
・ある程度妥協し、開発側の言い分もクライアントが勉強してくれないと困る事。

などであった。
私も立ち上げのメインメンバーであった為、次第に開発の言い分も理解出来るようになっていた。
サーバーも小さすぎるし、会社側の人間ももっとコンピューターの勉強をしなければいけないetc・・。
そんな中、「開発側の人間と一番懇談したのは私だ」と、今でもそう振り返る時があります。
一緒に食事したり、口ゲンカも毎日沢山した。
若かった私は、今以上に生意気で言葉も悪かっただろうに・・・。
年上であった人生の先輩である開発側の人間は、よく我慢して付き合ってくれたな~って思う。
そんな中、2年はこんな状態が続くも3年目である程度の完成形になる。
会社側の人間も、知識はなくても操作はかなり馴れた。
知識の問題が起きれば、それは私が何とかする・・という状態になった。

開発の人達とお別れの際、「専門勉強は無理でも、コンピューターを好きであり続ければこれから必ず役に立つ、頑張って欲しい」と言われたのが今でも印象的です。
ただ基本、私はアナログなんですね、今でも。
昔からオタクで、アニメゲーム好きだがら、容易に受け入れる体質は私にはある。
ただ専門性には程遠い・・。
でも興味は持つのは、「これから必然の時代が絶対来る」と判りきっていたので、「好きであり続ける」「興味を持ち続ける」「可能な限り勉強する」という事は忘れないようにした。
そんな経験を乗り越えた中で、「インターネット」についに出合ったのが、このエロサイトが初めてだったのです(最悪の初対面か?w)
なんな訳で、まだ続くのです?

テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

* FF11メモリー * trackback(0) * comment(0) * page top↑
プレイ前の状況
2010 / 10 / 11 ( Mon ) 21:44:49
今日は帰宅が早かったのでブログ書き。

お休みという名の引退をした私ですが、とりあえずここのブログは当面残す予定です。
じゃ何書くのん?、こんな過疎で!・・・という事でFF11始める前の状況を、少しづつ書き綴っていこうかなと思います。
まぁいいんです、今までも独り言書くスタンスでしたし(笑)

まずはネットの出会いから遡っていきます。
初めてインターネットに触れたのは1996年の冬頃ではなかったかなと思う(歳バレルね)
仕事で初めて触れました。
当時の私は旅行関係の仕事をしており、今ほど不況ではなかったけれどバブルの恩恵は既に無い時代。
労働基準法なぞある訳ないだろ!的な辛い環境でした・・・(遠い目)。

そこで、上司に「これ見てみろ」と言われ、はぁ・・・な私。
その時はきらびやかな画面が映っていた。
きらびやかであると同時に、艶かしい印象も受ける。

「これ何ですか?」
「エロサイトだ」
即答である。

エロサイトもそうですけど、ついに電脳空間(死語)の時代がきたー!と思いました。
当時の会社はインターネットならぬ、会社内を繋ぐイントラネット形式でした。
当時、ネットに出会うウン年前このイントラシステムを導入するために、コンピュター会社に何度も行かされた覚えがある。
そこで会社として盛り込みたい情報、ページ構成及び構成に伴う画面連結等の打ち合わせ。
一番若かった私は、単に「ゲーム好き」というだけで、コンピュター好きと認識され「お前のやり易い画面構成を構築してもらえ」と言われていました。
正直今だから言うと、「冗談じゃない」である。

そこでSUN、サンマイクロシステムズのシステムを導入しようという事になる。
イントラネット方式なので、当然サーバーも会社に置かなければいけない。
サーバーの簡単な知識も教え込まれ、画面連結構成も色々打ち合わせをした。
いつのまにか導入の段階で、コンピューター(つまりPC)を私は何故か専用で2台担当し、机には二つのディスプレイが並ぶ状況になる。
そんな状態で数年仕事をしていた矢先に、このインターネットと出会う事になる。

とりあえず続きます?

テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

* FF11メモリー * trackback(0) * comment(0) * page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。